2006年08月30日

多目的ホール・しの田会館での家族葬に立ち会いました。

ご依頼者から電話があったのは事後でした。紹介した葬儀社は「みのり台に、しの田会館という式場がある」と電話で申し上げたようです。数年前にお父様を見送った時かなりな散財をしたことで、予算を気にしていました。紹介した葬儀社の費用の説明に安心し、そこに決められました。依頼者(喪主)の方が転勤で地方在住のため急いでいましたが、翌日通夜とスムースに運ばれ、また、年配のご兄弟からは駅から近くて、良いところを紹介していただいてと喜ばれたようです。



 葬儀は、花祭壇で会葬者は通夜14名、告別式10名の親族のみの家族葬でした。 葬儀社は決まった予算の中、マイクロバス代が無料になるので、その分にあと5万円プラスして、棺を1段上の布張りになさってはどうですかと提案しました。

 住職は菩提寺よりお願いしました。御焼香の後、しばらくして繰り上げの初七日の法要が続きます。葬儀が終わりイスを片付け棺に入れるお別れ花を千切っている時、急に祭壇前で全員の写真を撮りたいと申し出があり、あわててイスを出すというハプニングがありました。かなりちぎった後でしたが皆さん気にしない様子で写真に納まり、悲しみの中にもお身内だけの和やかな式が続きました。

 住職の読経中、住職の奥様の病気の具合が急変したとの電話が入り、葬儀社の担当者は「初七日の法要も終わったことですし、ご住職にお帰り願ったらどうですか。(生きているうちに)奥様とお会いした方がよろしいのではと、ご住職に申し上げたらどうでしょうか」と喪主の方に勧めてみたとの事でした。ベテラン担当者の一つひとつの気配りがご喪家との信頼感を生むようです。

※しの田会館の斎場案内は、しの田会館のページになります。
posted by あさがおスタッフ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (松)

2006年08月27日

実相会館における会社役員の方の葬儀

 実相会館の別館たちばなでの通夜に立ち会いました。

 故人は会社役員の方で会葬者200余名の大半は会社関係の方々でした。ご喪家からは火葬場併設のところではなく、お寺さんの雰囲気の斎場でやりたい。故人の立場上恥ずかしくないものにしたい。会社関係者が多いので都心の式場を希望。霊柩車は白木の外車が良い。菩提寺よりご住職以下2人で読経してほしい等のご要望がありました。



 依頼者のご自宅方面の葬儀社で都内近郊を主としていましたが、今回はあえて都心をご希望なさったので担当者は候補地を集め、最終的に2ヶ所にしぼりましたが片方がふさがっていましたのでこちらに決めたいきさつがあります。

 依頼者は故人の奥様で葬儀社も女性の担当者でしたので細かなことも言いやすく、色々頼みやすくよかったですとのことでした。最初の打ち合わせより1ヶ月近くの期間がありましたのでスムースに十分な話し合いができたようです。

 地方からいらっしゃったご親族のなかには色々と注文があり、一般会葬者のご焼香の時は喪主が立ってお迎えするのが筋と強く主張されましたが、式場が狭いのでご焼香の時のみ喪主の席と焼香台近くの席をかわり、喪主の方には着席のままご挨拶していただきました。供花の並べ方も地方によって違いがありますが、ここは東京流を押し通し喪主花を一番内側に置くやり方にしてもらいました。

 境内にテントを張り、受付はテント内で、ご焼香は人数が多いので5列ずつ行われました。

  お清め所は2階ですが、エレベーターがなく階段だけなので車椅子の方は、係りの者が車ごと持ち上げて移動する形になりました。

※実相会館の斎場案内は、実相会館のページになります。
posted by あさがおスタッフ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | (松)

2006年08月24日

よりよい家族葬のために大事なこと

 よりよい家族葬にするためのポイントは、関係者に失礼のないような形でお知らせし、人間関係の問題を起こさないことがもっとも大切です。

 そして次に大事なことは、斎場および葬儀社選びを適切に行うことです。家族葬は人はそれほど集まらないわけですから、斎場は大きい必要はありません(それゆえ祭壇もそれほど立派な必要もない)。

 葬儀社は、そうした斎場(および祭壇)を提案してくれ、家族葬だからといって手を抜くようなことをしないところを選ぶことが大事です。
posted by あさがおスタッフ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | (道)

2006年08月21日

会葬者数による葬儀費用の変動について

 葬儀費用の中で、会葬者数によって強く影響をうけるところがどこかを深く理解しておくとわかりやすいです。

 たとえば、飲食・返礼品はそのものずばり会葬者数によって数量が変わってきます。

 そして、会場と祭壇も影響を受けます。たとえば、300人の会葬者で自宅でというのは、無理があります。それ相応の会場が用意されなければなりませんし、祭壇もそれにふさわしいものがよいと言えます。逆に、家族葬や密葬では、斎場の広さも大きな祭壇も不必要です。

 つまり、会葬者が増えれば予算が上がらざるを得ないということになります(もちろんそれにともなって、香典収入も増えます)。
posted by あさがおスタッフ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | (道)

2006年08月18日

200608121715

 なぎさ会館で施行された、会葬者30名程の葬儀告別式に立ち会いました。

 見積りの段階では臨海斎場が第1候補でしたが臨海、桐ヶ谷斎場共混み合い、日程が長引くためなぎさ会館に決めました。



 依頼者の方は以前の葬儀でかなりの高額を支払い、その辺りを気になさっていらしたようですが、今回の葬儀社の担当者の説明を聞き、安心なさったようです。一般葬の格安プランのコースでしたが、葬儀社の方の事情で(告別式の日に別の通夜があり、そちらで使うため)、1ランク上の祭壇を用意しました。勿論コース料金は見積りどうりですが、供花もひまわりやピンクの彩りがはなやかで全体的にかなり立派なものになったようです。

 交通事情を考慮し、臨海斎場での火葬に間に合うようにと定刻10分前にご住職了解のもとに葬儀・告別式を開始しました。

 最後のお別れの儀式に入る前、準備のため会葬者は一旦席を立ち、式場外でしばらくお待ちいただく場合が多いのですが、葬儀社の担当者は「式場が広いのでこのままイスにお座りいただいて、トイレ等に行かれる方はどうぞ」と案内された。

 皆さん一様にホッとした表情をみせ、喪主の方にご挨拶されていました。間もなく、まだ後方で係りの方が花をつんでいる最中ですが、かまわず担当者は「故人の身の回りのものをご家族の方々が入れてやってください。最後ですから声をかけてお花を沢山入れてください」と一人一人に手渡していきました。係りの方はどんどんちぎっていく、会葬者は受け取って柩に入れていく。この両者の微妙なタイミングがラフで、自然な感じにおこなわれているようでした。ドタバタしてしまうのではなく、アットホームな雰囲気にもっていく。傍からうかがっていると、ご喪家の方々が形式ばらないで気持をより素直に持っていけるような配慮のようにも見えました。霊柩車は定刻5分前に出発しました。

 ※なぎさ会館の斎場案内は、なぎさ会館のページになります。
posted by あさがおスタッフ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | (松)