2010年04月29日

インターネット2

 先日、UQWiMAXのお試しセットが届きました。
自宅で使えるか心配していましたが、試してみると圏内でした。
一安心です。通信速度を測ってみると、2Mbps〜3Mbps出ています。
光回線と比べると物足りない数値ですが、実用範囲内でしたので、
光回線とイーモバイルを解約し、UQWiMAX一本にしました。
通信機器の種類はいろいろありまして、
私はNECのWM3300Rを購入し、契約しました。
この機器は、USBでパソコンと直結し通信する方法と、
USBを使わずに無線で通信する方法の2通りを使えます。
ですので、この機器一台で、家でも外でも無線で接続できるようになりました。
通信速度が10Mbpsくらい出てくれると良いのですが、今後に期待します。









posted by あさがおスタッフ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年04月25日

その場の空気が読めるか否かで担当者の技量が問われる・・・?

 祭壇の両脇に並ぶ供花は故人をお花で供養する意味合いが込められています。
 ご葬儀の立会いで喪主、子供一同、孫一同とお名前が書かれた札を見ていると、あれこれと故人との関わりが見えるような錯覚に陥ることもあります。
 
 最近では都会を中心にご家族・ご親族の他はごく親しかった友人だけというようなご葬儀が主流になりつつあります。
 そんな折、度々この供花について尋ねられることがあります。
 お花を出せばそれで終わりと思いがちですが、これが結構ややこしい問題を含んでいるようです。
 少し前でしたら、ご親戚の年配者がまずは故人にお花をと、てきぱき処理されことなきを得ていましたが、最近はそれぞれの家庭の事情もあり、切り出し難いこともあるようです。
 
 ご喪家側もご親戚の分はお名前だけをお借りして、一括される方もいらっしゃいますが、うっかりするとお名前を出されたご親戚の中には素直に従いにくく、押し付けがましさを感じる方も出てきます。
 ちょっとしたことが、ボタンの掛け違いで事が大きくなり、後々それがしこりになっては大変です。

 そこでベテランの担当者だったらどうされるか。
 お身内が集まった打ち合わせの時、その場のご喪家の空気を察知しながら、お花はどうされるか透かさずお尋ねするとのこと。
 お集まり頂いた方は納得され、皆さん全員がお集まりいただいているわけではないので出席されているご兄弟から言ってもらうようにする。
 ノウハウだけでは身動き取れないのが葬儀担当者。お会いして、お話を伺いながらご喪家の雰囲気を読み取り、対処していくのが担当者の役目だが、100人100様の対処の仕方があり、一言では言い辛いとのことです。
ローマは1日にしてならず・葬儀担当者も1日にしてならず・・・か?
posted by あさがおスタッフ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | (松)

2010年04月21日

お寺の役目は・・・。

 「お寺は町のサロンで、子供達にとっては日曜学校のような場でもあり、いつもお菓子を貰うのが楽しみだった」と九州出身の先輩から戦前のお寺の様子をよく聞かされたものでした。
 本堂は時に児童舞踊の稽古場にもなり、ご住職自ら教えていらっしゃったとのこと。
 
 しかし、お話を伺ってはいましたが、周りのお寺を見渡しても気配すら感じられなく、檀家以外の町の人にとってあまり身近な存在とは言いがたいのではと最近まで傍観者を決め込んでいました。
 
 世の中大きな事件、事故が起こるたびに「宗教家はどうしている」と周りからのシュプレヒコールばかりで、宗教者の沈黙ぶりが目立っていましたが、ここ1年程、さすがに世の中の危機感が肌で感じられるようになったためか、マスコミやネットで紹介されるようになったためか、お坊さんの活動ぶりが一般の人々の目に触れ、知られるようになってきました。

 自殺対策に取り組む方、廃業した温泉旅館をデイケアや訪問介護の拠点にして活動されている方、仕事と家を失った人の駆け込み寺になっている方、各地のお寺で金子みすヾの生涯を演じる方、医学部で教える方、バーのマスターになりお客と語り合う方等々。

 皆さんそれぞれのお立場で葬式仏教と揶揄されるだけではと、誰にでも門戸を開き、また、お寺を飛び出しての布教ぶりが注目され、旗振り役をされているようです。
 
 お葬式や法事だけではないお寺の役目が世間一般に浸透して、点から面になっていくことで、お寺さんも町の人達の意識も双方が変わってくれば、昔のサロンがよみがえってくるかもしれない。
 益々孤独な世の中に、明かりを灯す火種になるのでは・・・。
 また、葬儀の段になってにわかにお寺さんとのご縁を持つのではなく日常的なコミュニケーションが取れれば、お布施のこともおのずとわかり合えて来るのではと少しばかりの期待もしております。 

posted by あさがおスタッフ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | (松)

2010年04月18日

葬祭市場、昨年は横ばい

 今日は、矢野総合研究所の「葬祭ビジネス市場に関する調査結果2010」の概要をふまえて、私見は今度改めて書くとしまして、葬儀の現状と展望を概観してみたいと思います。

 矢野総合研究所の調査結果によれば、2009年の葬祭ビジネスの市場規模は前年比0.1%増の推計1兆7389億円となっています。高齢化にともなう死亡者数の増加を背景に件数ベースでは拡大基調にあるものの、1件あたりの葬儀規模の縮小などによる葬儀単価の下落により、金額ベースでは横ばいになっています。

 同研究所によれば、現在の葬祭ビジネスの注目すべき動向として、「葬儀の個別化、多様化」「会葬規模の小規模化」「小型葬対応の会館の設置」「低価格葬の登場」を挙げています。

 こうした流れの中で、たとえば、家族葬の増加に伴う会葬者の減少は、料理や粗供養品といった周辺商品の売り上げを押し下げる要因となる一方、少人数葬によって会葬者との関係性が強くなることで、料理や返礼品の質が重視され単価アップが図られる可能性もあると指摘しています。

 同研究所の予測では、10年は前年比4.2%増の1兆8118億円と見ています。個別ニーズに対応した「高額個性型」と「低価格簡素型」という二極化の流れが進み、市場全体では微増傾向が続くと見ています。
posted by あさがおスタッフ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | (道)

2010年04月16日

最期のお別れはいつものお顔でより美しく・・・。

 通夜やご葬儀に立会いで伺うと、式が始まる前ご会葬にお見えになられた方々が、ご喪家のご好意でご遺体とお1人ずつ最期のお別れをされ、いつもと変わらぬ姿にほっとされている姿をよく拝見いたします。
 きっとその方らしいお顔で旅立たれたのでしょう。
 私も知人の死に目には会えませんでしたが、ご自宅でのご対面をさせていただいた時、あまりにも穏やかな表情なので、一瞬目を開けて起き上がるのでは思ったほどでした。
 また、母の時もお化粧が肌に馴染んだ明るい表情に「生前の時より綺麗では」と思わず口走ってしまったことが思い出されます。
 
 病院でも死後の処置の一環とa化粧をされる方が出てきたとの報道を目にします。
 ご葬儀に対する意識の変化から、今後志望者が増えてくる分野ではないでしょうか。
 
 私だったら、どんな化粧をほどこしてもらいたいか。
 
 女性は特に一人ひとり長年独自の化粧法を持ってこだわっています。
 なるべく何時もどおりのメーキャップでいきたいが、家人はおそらくイメージでしか分らないでしょう。
 これもエンディングノートに書きとめておく必要があるようです。
 後はメーキャッパーの腕に託すというのはどうでしょうか。
 勿論ご家族のご協力も含めて。
 きっと残されたご家族も安心してお見送りすることができるのでは・・・。

posted by あさがおスタッフ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | (松)