2010年07月29日

ご存知の方は多いと思いますが・・。

 ご存知の方も多いと思いますが、知っていると便利なパソコンの操作法についてお話します。インターネットを行うのに、インターネットエクスプローラーをお使いの方が多いと思います。最新バージョンの8.0はタブでページが開けるようになっています。
googleなどで検索をし、その結果が表示されます。該当するものを普通にクリックして開くと、検索結果が表示されていたページからクリックしたページへ画面が切り替わります。例えば、検索結果ページのタブを残して、別タブで該当するページを開きたい場合は、キーボードの左下にあります「Ctrl」キーを押しながら、検索結果内にある該当するページをクリックしてください。
そうすると、検索結果ページはそのまま残り、該当するページは別タブで表示されます。
今見ているページは残して、次のページは別タブで開きたい時に有効です。
ぜひ、お試しください。
posted by あさがおスタッフ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年07月25日

旅行中に帰らぬ人となった時は・・。

 学校や職場も夏休みに入り、各行楽地は親子連れで賑わっているようです。
 お子様ばかりでなく、親孝行はこの時とばかりにご高齢のご両親をお連れしての夏休み旅行を計画されていらっしゃる方も多いのでは・・・。

 昨年夏、お元気なお母様と久しぶりの山陰旅行された方は、観光地を散策中に突然お母様が脳内出血を起こされ、直ちに救急病院に運ばれましたが意識不明のままお医者様からは回復の見込みのない旨を告げられました。
 慌ててインターネットで当センターを検索され、ご連絡をされたとの事。
 万が一の時の準備をとのご相談ですが、お気持は「ご自宅に帰してあげたい」一心のご様子でした。

 遠方の場合、万が一の後ご当地で荼毘に付される以外は、ご自宅に搬送する必要が出てきます。
 搬送方法としては搬送車でそのままお帰りになられるか、最寄りの飛行場から空輸でのご帰宅になります。
 搬送車では出発時間の制限がありませんし、ご遺体を柩に入れずにそのままの状態でも運べますが、遠距離の場合かなりの高額になります。
 一方の空輸では最寄りの空港までご遺体を搬送する前に、到着する空港に迎え出る葬儀社を決めておき、スタンバイしていることが条件になります。ご遺体は柩に入れた状態での搬送で、貨物扱いになりますので、貨物便がある飛行機に限られたり、飛行時間内等の制約がありますが、搬送車との金額の差は歴然です。

 一生懸命頑張られたお母様は1週間後無言のご帰宅をされ、大勢のお友達に見送られての旅立ちとなりました。
 あまりの突然の出来事に、心の中の整理がなかなかつかず、ようやく1周忌のご報告ができましたと旅をご一緒された息子さんからご丁寧なお手紙を頂きました。

 旅行中の病気や事故は思いがけない時にやってくることをいつも頭の片隅に置いておく必要もあるようです。
 今日もまたスイスで観光列車の脱線事故に日本人旅行者が多数巻き込まれ、亡くなられた方も出てきているとの報道がなされています。

 謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

posted by あさがおスタッフ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | (松)

2010年07月18日

人と人とのつながりは強い

 アナログ放送でテレビを見ると、レターボックスという、画面の上下に黒帯がかかる表示になり、地上・BSデジタル完全移行がいよいよ間近に迫ってきたと感じます(あと1年ありますが)。総務省の調査では、地デジ世帯普及率が3月で83.8%となっています。

 今後、これまでの「テレビ局 → 視聴者」への一方通行のスタイルから、デジタル化によるサービスの多様化が色々なところで進んでいくものと思われます。
 放送業界にとって可能性がますます広がり上昇気流に乗っていくと思いきや、状況はそう甘くはないようです。

 民放連(日本民間放送連盟)が15日に発表したところによると、昨年度の民放の売上高は過去最大の減少率で、前年度比7.8%減になっています。
 主因は不況による広告収入の落ち込みでしょうが、スポンサー側の広告費の使い方が多様化していることも一因でしょう。スポンサーは費用対効果が良さそうな媒体を求めています(テレビ広告が費用対効果が低いといっているわけではありません、念のため)。

 たとえば、不況の中でも、堅調な伸びを示しているのがネットの検索連動型広告です。この広告さらには検索エンジン最適化(SEO)の対策を実施していないところは、大きな機会損失を起こしていると言っても過言ではないでしょう。

 ただ、現状、スポンサーに魅力的に映る検索エンジンも、この先も魅力的であり続けられるかというと、それはわかりません。

 米老舗総合雑誌である「ニューヨーカー」の記者が『グーグル秘録』(文芸春秋)という本を最近日本で出版しました。検索エンジン業界に君臨するグーグルの創業者に150回以上に及ぶインタビューを通してグーグル化された世界を描いている面白い本です。
 同書によると、グーグルが最も恐れいているのは、競合の検索エンジンではなく、世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)であるフェースブックであることが分かります。
 なぜなら、検索の価値を根本から脅かす存在としてソーシャルメディアをとらえいているからです。要するに、価値ある情報は、検索エンジンよりもソーシャルメディア(人と人とのつながり)からもたらされるようになる可能性が大いにありうるというわけです。

 日本でも先進的なところではソーシャルメディアを企業活動に利用する例が増えています。もっとも大胆な例は、日産自動車による今年12月販売予定の電気自動車「リーフ」の宣伝手法です。テレビや新聞、雑誌のマス広告は一切打たず、ソーシャルメディアなどの新しい手法を活用するというものです。

 われわれも、このような時代状況の変化を冷静に見すえながら対応していかないといけないと思っています。
450
posted by あさがおスタッフ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | (道)

2010年07月16日

ご葬儀と一緒にお墓の問題も・・・。

 朝のテレビの画面では墓石の山が無残な姿で大写しされていました。
 墓石の文字を消さなければ産業廃棄物としても処分できず、2トンもの墓石が不法投棄され、地元の困惑ぶりが話題になっていました。
 石材店に問題がありますが、背後には無縁仏の処理の問題等も含まれ複雑な様相も覗かせています。

 ご先祖様が静かに眠るお墓も時として騒動の渦中に巻き込まれ兼ねないようです。
 お墓の問題はまたご葬儀と直接・間接に結びつき、最近ではお受けする事前相談でも事後の問題としてご葬儀と一緒にご相談に乗ってほしいとのご希望をいただくことも度々です。
 中には改葬を希望される方もあり、その原因は菩提寺とのトラブルの悪化から宗派を間違えた購入まで様々です。

 最近お受けした相談でも、お父様が購入された寺院墓地の宗派が間違っていたことが判明し、買い替えたいとのこと。お父様の万が一の時と合わせてご相談できるところをご希望されていらっしゃいました。
 一般的にはお墓を購入しても住宅とは違い、土地を所有されたということではありませんので、更地にしてお寺にお戻しすることは出来ても、買戻しは難しいようです。
 ただし、まだどなたも納骨されていないので、お寺さんとの交渉次第で事態は変わってくるかもしれません。
 事程左様に改葬1つ取り上げても、一筋縄ではいかない場面も出てくるようです。

 16日はお盆の送り火がおこなわれます。お盆にいらっしゃったご先祖様皆様が無事お墓にお戻りになられますように・・・。


posted by あさがおスタッフ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | (松)

2010年07月13日

新盆は2度目のお葬式とも言われています。

 今年も早、お盆を迎える季節になりました。お盆と言えば同義語の様に使われた行事で「とったか」という風習が我が故郷の遠州地方にはまだ残っています。

 お盆の期間全国各地様々な行事が執り行われると思いますが、この「とったか」と新盆のお宅の豪華な祭壇飾りには、他からいらっしゃった方々も何事かと目を見張ることが度々あるようです。
 お葬式の祭壇以上に華やかな飾りを施し、祭壇両脇を籠盛がずらりと並び、お葬式に参列された方はこの間「盆義理」と称して再び新盆のお宅にお伺いし、お線香を手向けます。
 お盆行事を大事にし、新盆は2度目のお葬式とまで言われるゆえんです。
 迎え火から送り火まで何軒もの新盆に伺う親戚の方々はお互いに日時を調整しながらのお集まりになり、車を待たせて新盆のはしごをされるご年配の姿も年中行事化されてしまっているようです。
 
 かつて、新盆のお宅には軒並み笛・鉦の音に合わせて太鼓を勇壮活発に踊るように打ち鳴らす一団が訪れ、故人の供養をされていました。
 しかし、昨今は依頼されたお宅だけを訪問するようになり、マイクロバスが庭先まで乗りつけ、マイクロバスでお帰りになってしまわれるとのこと。
 数十年前、小学校3年生の時の祖母の新盆が思い出されます。
 1度だけ出会った「とったか」のインパクトは鮮烈でした。
 この「とったか」も正式名称「遠州大念仏」と称されるようになって久しくなりました。
 いつまでも郷愁に浸ってばかりはいられないが、それでも風に乗って遠くから聞こえてくる鉦、笛や太鼓の音が次第に大きくなり、庭先でクレッシェンドになっていく醍醐味をもう一度味わいたいものです。


posted by あさがおスタッフ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | (松)