2011年04月29日

iPad2

発売が延期になっていたiPad2が発売になりましたね。私はまだ実物を見ていませんが、知り合いの方が購入し、お話を伺ったところ、前モデルよりも軽く、薄く、処理が速く、確実に熟成されているそうです。タブレット端末も続々と新しい機種が登場しています。最近CMで見る、auのモトローラー社製のタブレット端末も気になります。auのタブレット端末は、iPadでは見れないflashが再生できるそうです。インターネットなどの情報でしか確認していないので、近々、お店で確認しようと思います。
posted by あさがおスタッフ at 23:46| Comment(0) | その他

2011年04月24日

ご遺体とその後の法要は…

 3月11日から早6週間が過ぎようとしています。
 依然として行方不明の方が多い中、少しの手がかりを求めて臨時の安置所になっている体育館や研修所へお身内の方を捜し回る御家族の姿をTVカメラが追いかけています。
 身元確認が急がれますが、益々困難になっていくのが現状のようです。
 それでも各方面からの支援も活発になり、少しでもお亡くなりになった時の状態でご家族に引き合わせたいと、関西からは大量のドライアイスが運ばれたというニュースを目にしました。

 その一方で、ドライアイス以上に活躍できると思われるエンバーミングの情報があまり浮上してこないのですが・・・。
 ご遺体の損傷を修復し、細菌の感染を防ぐ意味からも出来るだけ多くの方にエンバーミングが施されることを期待したいのですが、ご遺体が身元不明者でご家族の同意が出来ない場合は難しいのでしょうか。
 しかし、神戸の震災の時、エンバーミングを施したことにより修復され、身元が判明したという記事を目にしたことがありましたが・・・。

 先日は福島の原発近くで津波の被害に遭われ、お亡くなりになったお父様の法要のことで、お身内の方からお問い合わせがありました。

 ご遺体は地元で荼毘に付されましたが、ご遺骨は木箱に入れられ、菩提寺もお墓も全て流されてしまい、ご住職も東京に避難されている身が現状とのこと。
 ご遺骨を骨壷に移し、百か日忌には法要をしたいので、法要とお食事が出来るところのご紹介をと希望されていらっしゃいました。
 しかし、避難されていらっしゃるとは言え、菩提寺のご住職がいらっしゃいますので、まずはご住職のご指示を仰いだ上のご相談になる旨申しあげました。

 「何年掛かるか分らないが、必ず菩提寺のお墓に納骨しますので、しばらくの辛抱です」と電話口のお声が少しホッとされたように感じられました。
posted by あさがおスタッフ at 19:14| Comment(0) | (松)

2011年04月21日

イス席の式場でのお清めで…

 ご家族・ご親族や親しい友人に見送られてのご葬儀が最近ではごく普通に執り行われるようになってきました。
 都会を中心に流れとしてはむしろこちらが主流を占めるほどです。

 参列される方々もご高齢の方が多くなり、式場でのバリアフリー化は進んできましたが、一方でそれに伴うソフト面でのきめ細かな臨機応変な対応も見逃せなくなってきました。
 
 時に参列される方の中にはお身内の方で介護が必要な方もいらっしゃいます。
 できるだけ最後のお見送りをさせてあげたいと願う、ご喪家のご要望を汲み取るためにも、葬儀スタッフの中にヘルパーさんの資格者の必要性もでてきました。

 また、最近立会いにうかがった斎場では通夜のお清め所が和室のため、イス席の式場でのお清めになりました。
 ご高齢者が多いので、イス席での通夜ぶるまいとなり、通夜の儀式の読経とご焼香が終わった後、式場にテーブルセッティングがほどこされました。
 祭壇と棺の前にはテーブルがTの字に並べられ、お食事のご用意が整いました。

 棺に向っての献杯に始まり、故人も交えてのお食事会のような和やかな雰囲気が伝わってきます。
 親しかった皆様とご一緒の最後の晩餐会に故人様もさぞかし安心して旅立たれるのではと思わせるような通夜でした。
posted by あさがおスタッフ at 17:00| Comment(0) | (松)

2011年04月18日

IDとパスワード

 リスクを分散させるため関西へも本社機能の一部を移す、といったように、震災は企業のあり方にも再考を促しています。大企業さらには国家のあり方についても、平時には一極集中は効率的なメリットを存分に享受できるけれども、非常時には危険極まりないというわけです。

 これは大組織にだけ関係ある問題ではなさそうです。われわれのような小さなところでも考えておいたほうがよさそうです。たとえば、データを取り出すのに、特定の場所に行かないとだめだとか、特定のパソコンでないと取り出せないというようなことは避けるようにしていかないといけない感じが強くしています。

 2年ほど前から徐々に浸透してきている「クラウド」は解決法の一つになると思います。クラウドが説明されるときに大体最初に取り上げられるGメールで例えれば、IDとパスワードさえあれば、場所やどのパソコンかは関係なく、ネットに接続できる環境さえあれば、Gメールにアクセスしてメールを確認したり、やり取りすることができます。

 当センターでも、前から、メールでのやり取りはすべてGメールに転送し、データのバックアップ用に使っていました。メールデータのバックアップからさらに進めて、他のデータについても、どこからでもスタッフがアクセスして情報共有きる仕組みにできれば、かなり安全度が高まると思っています。

 ところで、クラウドを前提に考えるとき、ものすごく大事だと改めて思ったのが、IDとパスワードです。ルールをきちんと作って管理しないとゴチャゴチャに混乱してしまうと痛感しました。いつも利用しているパソコンなら、IDとパスワードを自力で入力しなくても、自動入力されてログインとなるでしょうが、これに慣れすぎると、違うパソコンを使う時など大変な目にあいます、というより実際あいました。昨日は、利用するサイトのIDとパスワードを整理しだしたら、一日がつぶれてしまいました。ATMの静脈認証ような個人認証システムが早くできないかと思いました。
posted by あさがおスタッフ at 18:54| Comment(0) | (道)

2011年04月15日

家に帰してあげたい・・・。

 被災地の映像は辺り一帯がモノクロームの世界のような瓦礫の山を映し出していました。
 瓦礫の山が続く中、谷間の一角に咲く花のように色とりどりのお花が空き瓶に生けてある空間がありました。

 「ここは我が家の玄関口なんです。未だ行方が分らない女房のために玄関の空間だけは綺麗にしておかないと・・・」
 何としても、奥様を我が家に連れて帰りたいとご主人の願いが込められていました。

 話し代わって、昨今のご葬儀では病院でお亡くなりになられた場合、都会を中心に搬送先がご自宅以外の安置所をご希望される方が大半をしめるようになりました。
 ご事情は様々ですが、集合住宅への配慮やスペースの問題を抱えながらも、一方では長患いの末ご自宅にお帰りになりたがっていた故人様のお気持を汲んで、旅立つ前にご自宅にお迎えしたいお気持は、多くの方にまだまだ残っているようです。

 以前、万が一の後ご自宅に搬送できないため、病院から安置所に行く途中自宅前を通ってほしいことをご希望として出され、葬儀社さんの方に伝えておいた事前相談がありました。
 お亡くなりになられたのはそれからしばらく経ってからでした。
 いざ、その日を迎えられたご家族は空白状態で、そのことに思いが寄らなかったようです。

 しかし、葬儀社の方ではしっかり思い出してくれました。
 ご自宅の前で暫し停車して、お祈りをしてくれたとのこと。
 「元気で帰って来れなくて・・・。悲しく、無念でしたが一瞬でも立ち寄って頂けたことで、心が救われたきがします。このタイミングをおいて、他になかったですから・・・」
 故人様のお気持ちはどんなだったのでしょうか。
posted by あさがおスタッフ at 19:47| Comment(0) | (松)