2016年08月30日

お葬式の相談は・・・

 普段の会話で「お葬式」の話しをするということはあまりないと思いますが、私の場合、職業柄でしょうか、友人と食事をしているときにもたまにお葬式についていろいろと聞かれることがあります。

 友人が言うには、お葬式の話は、葬儀を出した経験がある方にもなかなか聞きづらい話しで、たとえ親戚であっても聞きにくいこともあるとのこと。
 長女である友人は、一人暮らしの高齢の母親に何かあったら全部自分でやらなくてはならない状況にあり、最近「葬儀」について気になり始めたそうです。
 一度、ネットで検索した事はあるけれど、たくさんあり過ぎてよくわからない、どこのサイトも良く見えてしまうし、なぜか何度も同じサイトを開いてしまっているみたいで、ぜんぜんわからないからとりあえず一旦見るのをやめたとのこと。
 そもそも、自分は何が分からないのかも分かっていないから、何を調べているのかさえ分からなくなってくるそうです。

 センターへご相談される方の中でも、最初はご自身で調べていたが、情報量の多さに混乱してしまった、という方は多く、「検索していて、たまたまセンターのホームページを見つけたので相談してみましたと」と、ご葬儀後にご協力頂いているアンケートにご回答を頂くこともよくあります。

 たしかに、知人や友人などにはなかなか聞ける話題ではなく、ちょっと聞いてみたいという相談相手を探すのも難しいかもしれません。また、お葬式はプライベートな内容を含み、その方や家庭によっても考え方が違うため、相談できる人がいても、その人にはとても合っていて、良心的な気持ちで勧めてくれることが、自分の状況や環境と照らし合わせてみると少し違う、などの事があっても断り辛くなることもあるかもしれません。

 センターでは、「全く何もわからないのですが、」というところからスタートするご相談もよくあります。第三者という立場で、各ご相談者のそれぞれのご要望を整理したうえで、葬儀のご相談、葬儀社のご紹介に対応しています。
posted by あさがおスタッフ at 14:44| Comment(0) | (本)

2016年08月24日

多くの方々ののご協力のおかげです

 センターにご相談いただき、ご葬儀をされた方から後日ご協力いただいたアンケートのご回答は、葬儀に対して不安をお持ちの方や、どこの葬儀社に頼んだらいいのか迷われている方にとって、センターは安心して相談できる機関ということを実際のご経験から語っていただけるもので、心配されている方が、安心してご相談しても大丈夫と思っていただくことが出来るとても大切なものと思っています。

 センターの活動については、ネットで検索していた時に見つけて頂いたということが多く、サイトを作る際にも葬儀のことで心配されている方へどうしたら安心してご相談いただけるかを一番に考えて作っています。

 先日、お電話での事前相談で「間違いのない葬儀をしたい、センターを信用しているので、事前の見積りはいりません」とおっしゃっていたご相談がありました。
 また、その後ご紹介葬儀社の担当者と直接お話しいただいた際にも、担当者の「見積りを作りましょうか?」という問いに「信頼していますから、見積りはいりません」とお答えになられたそうです。
 見積りは葬儀社を選択するための検討材料やご予算と比較するなど、多くの方が必要とし、見積りを踏まえて葬儀社を選ぶという事が多い中、センターを信用しているので事前の見積りは不要と言われ、とてもありがたいと思う反面、「間違いのない葬儀をしたい」というご相談者の一番のご要望に対応できる葬儀社を必ず紹介しなくてはならないという、気が引き締まる思いで対応させて頂きました。
 
 ネットでの情報はどこまで信じたらいいのかわからないと思われている方も多いと思います。私自身も、色々検索した時にどれを信じたらいいのか分からなくなることも多い中、センターを信頼していただくことは、センターから紹介させて頂いた葬儀社も信頼していただいているという状況にあると実感しました。
これは、今までのセンターの活動の中で、実際にご相談いただき、葬儀をされた方からご協力いただいた多くのアンケートのご回答や、センターの活動にご賛同頂いている良心的な葬儀社さんのおかげだとつくづく思っています。

 これからも、葬儀で後悔してしまう人が少なくなるように、安心してご相談いただけるサイト作りを頑張りたいと思います。
posted by あさがおスタッフ at 23:53| Comment(0) | (本)

担当者の活躍ぶりに期待する

 「これは無くても大丈夫です 」「お話を伺うとこのレベルで十分です」との適切なアドバイスを担当者から頂き、運よく希望の日時にご葬儀が予約出来、リーズナブルな費用で立派なご葬儀を執り行うことができました。

 ご葬儀後のお忙しい中、ご相談者から早速にいただいた礼状の一文です。

 当センターではご相談者からご希望をお伺いし、ご要望に適した地元の賛同葬儀社さんをご紹介し、お見積りをお取りすることからお勧めしておりますが、ご葬儀は初めてのことで、どれをどのようにしたいかもわからないので、まずは葬儀社さんにお話をお伺いしてから、どのようなご葬儀にするかを決め、それから改めて概算の見積りをお取りになりたいとのご希望も最近は度々いただきます。

 核家族単位になって久しく、昔の様にまわりにご葬儀についてご相談する適当な方が見当たらず、一方ネットでは葬儀社さんの宣伝合戦のように、様々な情報が飛び交っており、情報集めをされると益々混乱されてしまうとの声もよく耳にします。

 当センターでは地元に詳しい賛同社さんをご紹介しておりますが、最近は特に地元で小規模ですが、小規模な故に臨機応変に対応できる担当者さんの活躍ぶりが目立っております。

 ご葬儀後に頂くアンケートでも、その対応ぶりが大いに語られております。

 「必要なことを必要な時期に的確にアドバイスをしていただき、指揮して頂いたので助かりました」。

 また、ご相談者のご要望を聞いて、「押し付けることなく、一生懸命動いて下さいました。小さな葬儀でしたが、軽んじたとこなく感謝します」。

 「分からないことを聞くと、きちんと答えてくれるので、安心してお願いすることが出来ました。ご葬儀の前後のフォローも行き届き、ご葬儀そのものも大変満足いくものでした」との由。

 担当者さんの奮闘ぶりが、目に見えるようです。

 中には、妹様と宗教に対する考え方が違うために、どのようなご葬儀にするか対立されていましたが、「担当者に妥協案を見つけてもらいとても感謝しています」とのお言葉もいただいております。

 ご喪家それぞれのご事情もある中で、ご相談者からは皆様一様に、細かいアドバイスや心配りに安心して式に臨むことが出来、特にネットで検索しただけではめぐり会えなかったであろう担当者にお会いできたことに、感謝の言葉が多く寄せられています。

 冒頭のご相談者からも「当分、葬儀社さんのお世話にはなりたくありませんが、もう1度利用したいかと言われれば、Yesです」とのお言葉をいただいております。
posted by あさがおスタッフ at 00:22| Comment(0) | (松)

2016年08月18日

紙の情報整理とデジタルの情報整理

 一年半ぐらい前に相談があった方から、再度、きょう連絡がありました。その時のお話では、お母様が2,3日かもしれないという状況でのご相談でした。すぐに、ご希望内容に合わせて葬儀社を紹介し、直接、社の担当者と話をしてもらい、見積もりも作成いたしました。

 今日の電話では、その後、お母様は持ち直して現在にいたったが、もしかすると近いうちかもしれないということでした。とっておいた見積もりを見ていたが、その中に、「あさがお」の文字があったので、あさがおをネットで検索して、どういうことだったのかと電話してきました。センターからの紹介であったことも、1年以上前だったので忘れていました。

 今日の電話を受けて、当時の相談内容とその後の進捗状況を確認し、紹介の経緯や、紹介社をおすすめした理由、などを説明し、「そういうことでしたね」と安心してもらいました。

 一年以上、やりとりがなくなって、連絡がくることも多くはないですが、まれにあります。そのときに、1年以上前で資料がないのでわかりません、とはしたくないものです。

 昔のように、紙ベースで資料を整理しなければならないような状況であれば、過去の相談案件を探し当てるのにも相当な時間を費やさなければならない場面が多々出てくることになったと思います。

 こういうところは、デジタルの時代になって本当よかったと思います。センターは、相談案件を整理するのに、高度なシステムを構築しているわけではないですが、それでも、電話番号とか、相談者のお名前、担当が誰だったか、いつの相談だったか、どの社の見積もりかなど、少しの情報があれば、それほどの時間もかからずに、相談内容と進捗状況を確認するぐらいのことはできます。
 デジタルの情報は、整理にそれほど力を注がなくても、後で探せるようにさえしておけばいいのもありがたいです。
posted by あさがおスタッフ at 19:23| Comment(0) | (道)

2016年08月15日

お盆のお墓参り

 お盆のお墓参りはもう行かれましたか。
 我が家はなかなかお盆の時期に家族の予定が合わず、今年も少し遅れてお参りに行く予定です。
 
 実家の方の霊園は、ずいぶん前から引っ越ししたいね〜と言いながら、何年経ったことか。今年は父が一人でお参りに行ったようです。
 早く近くに引っ越しさせてあげたいのですが、なかなかそれも難しく、先送りしている状況で、この先もまだ何年かかかりそうです。

 夫の両親も、私の実家の祖父母も厳しい人ではなかったので、「うまくやっていればOK」と、見守ってくれていると勝手に信じて甘えてしまっていますが。

 もう少し涼しくなってから・・なんて言っていると、すぐお彼岸になってしまいそうなので、今月中には一度お参りに行ってきます。
posted by あさがおスタッフ at 23:20| Comment(0) | (本)