2017年03月29日

今週も行ってきます

 今週は金曜日に2社の葬儀社さんのところへおじゃましに行ってきます。
 桜の花も咲き始め、気持のよい季節になってきたので外に出るのを楽しみにしていたのですが、どうやら気持ちのいい天気は明日までとか。
 金曜、土曜はまた傘マークがついています。テレビの天気予報で、土曜日は雪になるかもしれないと聞こえたのは気のせいにしたところですが・・。
 また傘を持って出かけることになりそうな外出ですが、普段デスクワークばかりなので、いい運動、いい息抜きにもなっているので天気は気にせずに行ってきます。
posted by あさがおスタッフ at 18:53| (本)

2017年03月24日

喪主様の負担

 先日、告別式の立ち合いに行ってきました。
 ご相談者(この度のご葬儀では喪主様でした)にご挨拶をさせて頂いた際、「やっと半分が終わりました。あと少し。お葬式は疲れますね」とおっしゃっていました。
 葬儀の準備、ご親戚への気遣いなど、慌ただしい非日常である時間の流れは、葬儀を仕切る喪主の立場の方にとって、大切な身内の方が亡くなってしまったという悲しみと、きちんと葬儀をやらなくてはという緊張で、気
持ちや身体へのご負担はさぞ大きくなっていることと思います。

 以前、見学させていただいた斎場の担当者の方から聞いた話しなのですが、通夜・告別式、火葬を終え、初七日法要のため斎場に戻ってくる途中に喪主をされていた方が倒れてしまったことがあったそうです。
 その後すぐに回復され、初七日法要まで無事に済ますことができたそうですが、その喪主様は、無事に葬儀を終えるまで、と、よほど気を張っていらっしゃったのでしょう。

 お葬式を終えた後、緊張が解けて、ご家族が体調を崩されるというのはよく聞く話しです。
 お休みになれる時間がありましたら、細切れの少しずつの時間でも身体を休めていただくとずいぶん違うと思いますよ、と、ベテランの担当者が言っていたのを思い出しました。
posted by あさがおスタッフ at 11:10| (本)

2017年03月22日

担当者のアドバイスで安心を・・・。

 「入院中の父の容態が油断を許さない状態になってきたが、万が一の時はどうすればよいだろうか」電話口の声は不安いっぱいのご様子でした。
 ご家庭が複雑で、ご両親は離婚されており、お父様は生活保護を受けている身で、ご相談できる方がいらっしゃらない。
 また、お父様のご実家の方々とも疎遠で、生活保護の範囲でご葬儀を出すか否かも決めかねていらっしゃるご様子とのこと。

 生活保護の葬祭扶助の場合は限度額が決っており、式は難しく、火葬のみでのお見送りになってしまう現状を申し上げたところ、葬儀社の担当者から直接お話をお伺いしたいとの要請を受け、センター賛同社の担当者をご紹介させていただきました。
 早速に担当者から福祉と一般のご葬儀の場合の違い等の説明を詳しく伺い、お父様のお友達が多いようでしたらご葬儀をお考えになられた方がよろしいのでは等、具体的なアドバイスを受け、お気持も大分整理されて、1日葬にお決めになられ、なによりもご相談できる相手にめぐり合い、安心されたご様子です。

 1ヶ月後ご逝去の報が担当者に伝えられ、丁度年明けの混雑している時期とぶつかり、ご葬儀まで1週間以上の待機となりましたので「専門家の手により綺麗なお顔で、お友達と最後のお別れをされてはどうか」との担当者の提案にも、ご納得のご様子でした。
 要所々での的確なアドバイスをされた担当者は、ご相談者にとって心強く頼もしい存在となって頂けたようです。

 一方、ご相談者にとって良いご葬儀になるか否かはご紹介した担当者への信頼度が大きくものを言うようです。
 事後のご相談では、ご紹介した社の担当者がいきなり登場という形もございます。
 深夜、ご家族の皆様のお疲れもピークに達しているところに伺う担当者は力量が問われますが、ご喪家のご要望を素早く汲み取り、臨機応変な対応ぶりに、ご喪家の皆様も安心してご葬儀に臨まれたとのご報告も頂いております。
 
 故人様をまずは自社の安置所にお預かりし、お疲れの皆様には一旦お休みいただき、翌朝皆様が再びお集まりになられる中、担当者の手で目や口を閉じ、お顔を整え、髭剃りをして差し上げると、お元気な頃のお父様が彷彿とされ、ご喪家との距離も一気に縮まったご様子とのこと。
 その後に続く納棺の儀では故人様との最後のお別れを、あえてご喪家皆様の手を煩わせた形で執り行い、更にご予算を出来るだけ抑えたいご喪家の為に、午後からは市営斎場の霊安室へ移動し、その柔軟な対応ぶりにご家族からの信頼も高まり、ご葬儀後担当者がご自宅にお伺いした際「今度ご葬儀があったら、いの一番に推薦しますよ」と口々にお声を掛けて頂いたとのことです。

 また、メールでのご相談をお受けしていた矢先に病状が急変されたとのご連絡を頂き、急遽お見積りをお取りしてお送りした数時間後のご逝去のことでした。
 緊迫した中、ご紹介した葬儀社さんとの初対面でのやり取りに、当初ご相談者は警戒されたご様子でしたが、ご自宅以外へとのご希望で、自社安置所に一旦搬送された後、しばらくして今度はお母様のご要望で、担当者はご自宅への搬送に切り替えも快く引き受け、その間の費用はサービスされたことで、一気に信頼感を得、以後担当者を大変頼りにされていらっしゃったとのことです。
 
 ご自宅でのご安置をできるだけ長くし、その間にご近所の方々とご面会され、最後のお別れをして頂けるように助言し、ご仏壇の購入に際しても取引のある仏具屋さんが都内のみでしたので、わざわざご相談者の住む市内の仏具屋さんに足を運び、推薦できる店を調べ、ご購入の際には実物を良くご覧になっていただくよう忠告されたとのこと。
 早速「忠告に従って購入しました」とご相談者からご報告が届きました。

 ご要望一つひとつに対処される担当者の骨身を惜しまない姿勢は、ご相談者の共感を呼び、旅立ちの大きな手助けとなっているようです。


posted by あさがおスタッフ at 20:39| (松)

2017年03月18日

もやしの適正価格っていくら

 今日、ラジオを聴いていたら、もやしの業界団体が「経費削減の努力が限界を超え、健全な経営ができない」「せめて1袋40円で売って」という話題をしていました。

 20円で納品しているのに、それよりも安い、19円で販売しているところもあると取り上げていました。

 そういえば、近くのスーパーも19円で売っていたような気がします(もちろん、納品価格は知りませんが)。知らないうちに、同じ銘柄の、もやしとか、納豆とかヨーグルトとか値段を見比べて、そのスーパー全体の高い、安い、という印象をもってしまっているような気もします。(戦略商品で安売りを印象付けたいスーパーの狙い通り!)

 2009年に全国で230社以上あった、もやし製造会社・生産者は100社以上が廃業、現時点では130を切っているといいます。

 安売りは消費者に支持されますし、もっともわかりやすい差別化にもなります。が、短期的にみればの話で、「適正な競争」による「適正価格」という基本的な土壌がないと、長い目で見れば誰も得をしないで全体で沈んでいくということにもなりません。

 もやし業界だけが特別でないのが、恐ろしいところです。
posted by あさがおスタッフ at 19:46| (道)

2017年03月16日

昨日は外回りしてきました

 昨日は一日外回りで、3件の賛同葬儀社さんの所へ行ってきました。
 朝9時に出発して、帰ってきたのは夜7時過ぎ。
 各葬儀社さんの所にいたのは約1時間ほどずつだったので、約7時間が移動に使った時間です。
 会社と会社の間が離れているのでそうなってしまうのですが、この移動時間を有効利用。
 葬儀社さんから聞いた話をまとめるのにとても役立つ時間になります。
 電車やバスに乗ったら、聞いたことをメモしてまとめ上げ、次の社に着くころには新たな気持ちで話しを聞くことができます。

 担当者の雰囲気、葬儀に対する意気込み、葬儀について何を一番大切にしているのかなど、色々聞いた話しは、今後のご紹介に、更に役立てられるものになればと思います。

 少し前まで暖かい日が続いていたのに、昨日に限って真冬の気温。最近私が出かける日はなぜか雪が降ったり雨が降ったり・・。
 今週末も外に出かける予定になっていますが、その日はどうかいい天気でありますように。 
posted by あさがおスタッフ at 15:52| (本)