2018年06月26日

友人たちにも紹介してあげたい担当者

 先日、お父様のご葬儀を終えたご相談者から、「友人たちも高齢の親をかかえ私と似たような状況にいる人も多くなり、近い将来もし葬儀社選びで迷っているようでしたら、(この度のご紹介葬儀社を)ご紹介したいと思います。」とのご報告をいただきました。
 ご相談者がお一人ですべてを判断しなくてはならないという状況の中、担当者の人柄がご相談者の癒しになられたそうで、安心してご葬儀を迎えられたとのことです。

 センターでは、ご相談者とのやり取りの中で、このご相談者にはこのような担当者が合うかもしれない、など、地域だけでなく担当者の人柄やどんな話し方をする人なのか、なども考えながらご紹介させて頂いています。

 ご葬儀を終えたあと、このようなご報告を頂くと、私どもも安心すると同時に、次への励みになります。
 
 ご相談者のご要望、心配点などをもっと深く汲み取り、ご相談者が安心して葬儀を迎えられるよう、良いご紹介をしていきたいと思っています。
posted by あさがおスタッフ at 15:22| (本)

2018年06月24日

担当者の選び方如何で、ご葬儀の良し悪しも決定・・・。

 お送りした複数の見積りを検討中にお母様が急変され、気に留めていらっしゃったA社を急遽ご指名になり、A社のベテラン担当者が病院にはせ参じることになりました。

 20日ほど前、入院中のお母様の万が一を鑑みて、ご葬儀の準備をとのご相談をお受けし、ご要望に適したセンターの賛同社を複数社ご紹介させていただき、各社からお見積りをお取りして、説明書と共にお送りいたしましたが、ご相談当初から少し回復の兆しが見えてきたとのことで、「まだどの社にお願いするか決めかねておりますが、万が一の際はすぐにセンターに連絡いたします。少しお時間を頂いて決めたいと思います」とのご報告をいただい矢先でした。

 ご指名の社の担当者は迅速丁寧な対応ぶりに定評がある方で、ご葬儀後にお願いしておりますアンケートでも度々ご満足されたとのご報告をいただき、中にはご親戚の方々からも「心に残る御葬式だった。是非こちらにも紹介してほしい」とまで言われたとのご回答が記されておりました。

 そのアンケートには当初友人の方からも葬儀社さんのご紹介頂いていたが、マニュアル通りのご返事、折り返しご連絡しますと言いながら数日間の放置と、今後の対応も想像に難くない様子だったとのことで、センターがご紹介した葬儀社さんとの初めての面談の折、疑問に思っていたことを全てお尋ねでき、その回答ぶりにその場で即決されたとも記されておりました。

 また、ある方は担当者との面談で商売の為にオプションの追加を勧められるのではないかと心配されていたが、「これで十分」「これは必要ない」と正直に言って頂いてとても助かりましたとの由。

 初めてご葬儀を執り行う方にとりましては、どこからどのように始めたらよいのか、戸惑いが多い中、担当者の丁寧で迅速な対応と、如何に安心してご葬儀をお任せできるかが大きな鍵になってきます。

 当センターではお見積りを確認された後、ご葬儀をまかされる担当者とご面談されることを希望しております。

 見積りだけでは分かりづらい、ご葬儀の内容等をどれだけご説明でき、ご納得いただけるか、ご要望にどれだけ沿えることができるか、はたまたご葬儀の進行役でもあります担当者の人となりも事前に把握できますので・・・。
posted by あさがおスタッフ at 14:11| (松)

2018年06月19日

長期的なご相談の場合

 先日、5年ほど前に、ご自身の葬儀についてのご相談をされた方から再度ご連絡を頂きました。
 最近、周りの方が数名お亡くなりになり、ご自身の万が一の時のことが気になって、以前受け取られたセンターからの資料にまた目を通されたとのこと。再度資料を読んで、ご紹介葬儀社の中から1社をお決めになったというご連絡でした。
 当時ご紹介させて頂いた葬儀社は全て今でも営業されています。また、この5年間の間に、ご相談者の近隣で良心的な葬儀社が複数社新たにご賛同いただいていたので、新たなご紹介もさせていただきましたが、以前ご紹介させて頂いた1社をお選びになりました。
 5年前に見積りを作った担当者はすでに退社されていましたが、その時にセンターと担当者がやり取りをした記録が残っているので、新しい担当者に情報を引継ぎ、再度見積りを作って頂いているところです。

 一方、事前相談でご紹介した葬儀社が廃業してしまっていたというケースもあります。
 このような場合には、再度ご連絡を頂ければ、改めて合いそうな葬儀社をご紹介し、内容の調整などを行います。

 センターでは、長期のご相談の方へは1年ほどを目安に見直しをお勧めさせていただいていますが、葬儀の事についてはなかなか積極的にという気持ちになれないかもしれませんし、依頼する葬儀社をある程度決めると、不安が取り除かれて、見直しを忘れてしまう事もあるようです。

 特に長期的なご相談の場合、ご相談者の状況や価格の変動、担当者の移動など、その当時と変わってしまっていることががある可能性があります。
 気が向いたときでけっこうですので、再度ご相談いただけると新しい状態でご紹介させて頂くことができるかもしれません。

 
posted by あさがおスタッフ at 15:31| (本)

2018年06月17日

こだわり

 ご葬儀はやり直しがききません。
 ご喪家のご希望も様々ですが、当センターではお話をお伺いして、ご要望に合うと思われる賛同社をご紹介しており、賛同社の担当者も少しでもご納得のいくご葬儀をと、臨機応変な対応を心掛けております。

 先日もご自宅介護のお母様が危ない状況とのことで、万が一を鑑み、葬儀社さんのご紹介をとの相談をいただきました。
 ご葬儀はご自宅以外でお別れ式のような形をとり、お越しいただいた方々の手で、お母様のお好きだった服に着替えさせて、皆様ご一緒にお見送りされたいとのご希望でした。
 特に皆様お揃いされてのお着替えは外せないとのことですが、一方菩提寺があり、ご住職にはお別れ式ではなく、炉前での読経をお願いしたい旨申し上げてあるとのこと。

 お別れ式でのご住職の許可はどの辺りまでお取りになっていらっしゃるのか、またご葬儀までの日にちを考慮した場合、ご遺体の状況によってはお着替えが難しくなる等のお話を申し上げ、まずはご相談者のお近くで自社斎場を有し、臨機応変な対応で評判の賛同社さんをご紹介させていただきました。

 早速にご相談者は担当者とご相談をされ、菩提寺の件では担当者にご住職と直接話し合っていただくことを提案されたとの由。

 お話し合いの結果、菩提寺側として1日葬の読経は必要ということになりましたが、担当者は遠方からお越しのご高齢の方々が、納棺の儀とご葬儀それぞれ別な日に立ち会うのは困難な状況を鑑み、自社式場にて1日葬を執り行う前に、納棺の儀の提案をされて、ご納得いただいたとの報告が入りました。

 こだわりのご葬儀と伺い、以前、お父様らしく見送りたいとのご相談頂いた折のことが思い出されます。
 ご相談者からはご紹介した担当者とのコミュニケーションもよくとれ、「毎日自宅まで足を運んで頂き、当日は完璧と言ってよいくらいにイメージ通りのご葬儀を行うことができました」とのご報告を頂きました。

 メモリアルコーナーやお父様がお撮りになった短編映画を皆様にお見せ出来、大変満足されたとのこと。
 また、晩年の寝たきりに近いお父様ではなく、若くて元気だった頃のイメージをもって偲んでもらうのが一番の狙いでしたからと記されておりました。
 さらには、ご親族からは担当者の誠意ある対応を見て「俺の時もここに頼もうかな」とご報告された方もいらっしゃったとの由。
 やり直しがきかないご葬儀です。
  ご要望のご葬儀に、またこだわりのご葬儀にどれだけ近づけられるか、担当者の課題はさらに続きます。

posted by あさがおスタッフ at 01:53| (松)

2018年06月13日

打ち合わせに同席して・・

 「前に親戚が亡くなったときに、葬儀の打ち合わせに同席したことがあったのですが、そのときの打ち合わせのやり取りに違和感があって・・」と、何を信用したらいいかわからず、不安になってしまったというご相談をいただきました。

 お話では、高い物を次々に勧められ、見積りが出来上がった時点ではびっくりするような金額になったのですが、会員ということでその金額からバサッと半額に。それに違和感を感じられたそうです。
 ご自身のお父様も高齢で心配な状況にあったため、事前に調べておこうとインターネットでいろいろ検索したり、人に聞いたりしてみたけれど、「どれを、なにを信用していいのか分からなくなってしまって・・」とおっしゃっていました。

 また、他のご相談でも、ご友人のご主人が亡くなり、打ち合わせに同席したところ、担当者が強引に色々勧めてきて断ることもできなかったそうですが、他家の事なので口出しができず、ご自身のお身内の方が心配になったら必ず事前に色々調べておくことが必要だと思ったそうです。

 何が普通なのか、ということは各ご家族によって異なる感覚なので基準はありません。
 全てを一気に調べるのはご負担かもしれませんので、少しずつでも事前に調べているといざという時に役立つことがあるように思います。
posted by あさがおスタッフ at 15:35| (本)