2019年03月24日

時代は変われども、決め手は10年前も同じです。

 当センターでは、創立当初からご葬儀を終えたご相談者に、アンケートのお願いしております。
 ご回答頂いたアンケートはこれからご相談頂く皆様へのアドバイス、担当者への励ましの他、センターに
とりましても、今後の方向性を考慮して行く上で、重要な要素の一つとも考えております。
 この10年間で、ご葬儀を取り巻く環境も表層には大分変化が見られますが、アンケートによるご喪家のお
気持の変化は如何ばかりでしょうか。

 丁度10年前の2009年に頂いたアンケートでは、
 「あさがおさんのホームページを読んで、一人で悩むよりまずはあさがおさんに相談してみよう!」とお
決めになられた方の場合は「過去に父の弟も癌で亡くし、その時は何の準備も出来ず、バタバタと病院の霊
安室の名簿の中から全く面識もない葬儀社に決めてしまい、葬儀後には高額な請求をされ、参列して頂いた
方々にご不便、ご迷惑を掛けてしまったので、父方の親戚より、お父様の際は出来る限りの準備はしておい
てね!との助言を受けておりましたが、葬儀社に知り合いも無く、ネットで検索したところ、御社のホーム
ページにたどり着きました。以前の経験から、葬儀社さん直接ではなく第3者であるあさがおさんに事前相
談ができることが利用の決め手になりました」とおっしゃっています。
 「何かの御縁であさがおさんとご紹介頂いた葬儀社さんと知り合えて、家族として立派な式ができたこと
に感謝しております。これもまじめだけが取り柄の父の日頃の行いがよかったからかしら!?」とお母様
共々お話されていらっしゃるとの由。

 また、「今回初めて身内が亡くなり、喪主である母も体調が悪く、私と弟が仕切る形になりましたが、若
い二人では、何をしてよいのか分からない中、ご紹介頂いた担当者のおかげで立派な告別式を執り行うこと
ができました」とご回答頂いた方からは、担当者の「押し売りもなく、一歩引いた立場でのお話に好感が持
て、僧侶の手配や亡くなった当日も朝早くから病院に出向き、その後の段取りなども親切に教えていただ
き、葬儀後の位牌の手配、49日法要での僧侶の手配、石材の手配も親切に対応していただきました。ご葬儀
中身内がバタバタする中、適切な指示、裏方さんに徹したお仕事ぶりには大変助かりました。母は担当者を
大変気に入り、次の時もお願いしますねと言っており、近所の友達にも口コミで良かったわよと言いふらす
と迄、言っておりました」。

 又別な方の場合は「これが父の最後の入院になるだろうと医師から告げられました。母と私は葬儀のこと
を考えなければいけない状況になりましたが、交代で病院に行くのが精一杯でした。当初病院から紹介され
るだろうし、成り行きのままでいいねと余り積極的ではありませんでした。母の希望は公共の斎場で、小さ
な葬儀にしたいとのこと。インターネットで調べ、センターのサイトを見つけ、電話番号だけを控え、5日
程前に少しためらいはありましたが、母には内緒で思い切って電話させていただきました。非常に不安な時
でしたが、担当者から何時でもまた電話をしてくださいとおっしゃっていただけた安心感で、何となくホッ
としたことを覚えております。母にはそういうNPOがあること、そこに紹介してもらった葬儀社が良さそう
だということを話し、お任せする覚悟ができました。残りの数日は父を看取ることだけに気持ちを集中する
ことができましたので、相談させていただいて良かったと思います」。

 センターがご紹介した賛同社にお決めになられたご喪家のお気持ちは、3人3様ですが、ご葬儀へのお気持
は、当時も今も余り変わりはないように思われます。
 いつの世も、先ずはお気持から。
 御葬儀はやり直しがききません。ご納得のいく方向を常日頃、考えておくことも重要です。
 
posted by あさがおスタッフ at 00:19| (松)