2019年04月28日

ご葬儀はご遺族の「こだわり」が鍵となる

 お医者様からご準備をと促され、慌ててインターネットで検索をされ、情報集めだけはされたが、氾濫して
いる情報の中から我が家に見合う情報をピックアップされるのは至難の業でもあります。
 勢い、既製品で間に合わせるように決めて、可もなく不可もなくご葬儀が終り、心に残るものが今一つ実感
できないもどかしさを感じていらっしゃる方も多いかと存じます。

 ご葬儀の良し悪しは金銭だけでは測りきれず、ご遺族、担当者、周りのスタッフ皆さんの気持ち次第で大き
く左右されます。
 
 先ずは、ご遺族が故人との絆を大切に、これだけはしてあげたいというこだわりを持つことでご葬儀に参加
され、担当者は出来るだけご要望に添える様考慮し、提案していきます。

 納棺に間に合わなかった弟様のたっての願いは「最後の一晩をお父様とご一緒に過ごしたい」でした。
  
 当初ご自宅で納棺後、日華斎場での1日葬という段取りでしたが、ご葬儀まで1週間待ちとのことで、ご相談
者のお仕事の関係から難しい状況となり、急遽担当者の提案で、地元のお寺さんでのご葬儀に切り替わりまし
た。
 納棺を済ませ、ご葬儀会場となるお寺の安置所に移動されましたが、弟様が遠方から駆け付けたのは、ご葬
儀前夜になってしまわれました。
 通夜を執り行わない1日葬で、しかも式場費が半額とのことで、通常のお泊りは難しい状況でしたが、こち
らのお寺をよくご存じの担当者が掛合い、2階の空いている和室を無償で提供いただけることになりました。
 1階にご安置されている柩を2階の和室に運ぶ手立ては、階段しかありませんでしたが、御兄弟3人で力を合
わせ、柩のお父様を2階和室にお運びし、お父様を囲み御兄弟で最後の晩をお過ごしになられたとの由。
 感無量の面持ちで、担当者にお話されたとお聞きしております。

 また、一方ご相談当初白紙状態のご葬儀では、ご検討の結果、お食事と返礼品は亡くなられたご主人好みの
お料理と、ご喪家の記念になるものをご喪家側でご用意することになりました。
 
 さらに、会社でイベント企画のお仕事をされているお嬢様がご葬儀の進行役をお努めになり、ご葬儀中、担
当者は脇でアドバイザーとしての意見を申し上げるにとどめ、ご葬儀を見守って行く形をお取りになりまし
た。
 「生前父は私の仕事内容を良く分かっていなかったようですが、これで理解してくれたと思います」とお父
様の最期を取り仕切り、悲しみの中にもご満足された御様子が伺えたとのことです。
 
 ご遺族の「こだわり」の意を汲み取ることも大切です。
posted by あさがおスタッフ at 17:29| (松)