2019年05月18日

たかがメイク、されどメイクというけれど・・・。

 ご逝去された後、病院でも死後処理の一環として男性の場合はおひげそり、女性の場合簡単なメイク等でお
顔を整えていただけますが、特に女性の場合のメイクは後々まで語り伝えられ、メイク一つでご葬儀の印象も
大分変わってくるように思われます。

 担当者から「最期に元気な頃のお母様に会えてよかったと喜んで頂けました」とのご報告を伺い、思わず大
きく頷いて同意したことも度々ございました。

 長患いの末ご逝去されたお母様の場合は、やつれて痛々しい程でしたが、プロのメーキャップアーチストの
手によりシリコンを入れ、ふっくらされた特殊メイクがほどこされると、見る見る生気を取り戻し、今にも目
を開けてにっこりされるのではと思わせる程だったとのこと。
 元気な頃とは別人の様になられた方を見慣れたお顔に戻すには、時にはプロの方のお力も必要なのではと思
わせる出来事でした。

 一方で、100歳を迎えられた方のご葬儀では、ご葬儀自体は大変ご満足と感謝されましたが、遠慮がちに1点
だけ気になった点をご指摘頂きました。
 綺麗にメイクをし過ぎて、普段のお母様らしくなく、落ち着かなかったとの事。
 お身内の方にとりましては、いつまでも心に残る大切なお顔です。
 たかがメイク、されどメイクです。

 以前、プロの方から普段のメイクと違い、綺麗に美しく仕上げるのが目的ではなく、如何に生前のその方ら
しいメイクが施せるかが問題で、生前のお写真を拝見し、御家族の方からお話をお伺いして、少しでもその方
にふさわしいお顔に近づける様に気を付けており、それはちょうど絵画の修復作業にも似ているとのお話をお
伺いしたことがございます。

 大分昔のことになりますが、臨終に立ち会えなかった母のことが今でも思い出されます。
 慌てて駆け付け白い布を取ると、血色もよく普段通りの薄化粧の母が今にもパッチリ目を開け微笑むような
姿に、妙に安心した気持ちになれたことを・・・。
posted by あさがおスタッフ at 20:17| (松)