2019年05月26日

骨身を惜しまずに・・・。

 ご葬儀の担当者に対する感謝のお言葉として、「骨身を惜しまず」はご喪家の方々にとって何ものにも代え
難い意味合いが込められているようです。
 特に初めてご葬儀をお出しするご喪家にとって、やり直しは出来ず、何からどの様に手を付けてよいのか、
何か手落ちはないのか、様々な思いだけが堂々巡りしている状態の中、担当スタッフの助言は心強く、まさに
頼もしい存在です。
 ご葬儀後のアンケートでも担当者の対応ぶりをご評価いただき、「骨身を惜しまず」のお言葉を拝見する度
に、担当者をご紹介する当方も我が事の様にホッとさせられます。

 メールでのご相談をお受けしていた矢先、お父様が急変され、緊迫した中、急遽お見積りをお取りした葬儀
社さんとのやり取りに、当初ご相談者は警戒気味の御様子でした。
 ご自宅以外へのご安置をご希望になり、お父様は葬儀社さんの自社安置所に搬送されましたが、暫くしてお
母様のご要望でご自宅でのご安置に切り替わりました。
 担当者はお母様のお気持ちを察し、搬送の切り替えを快く引き受け、その間の費用はサービスされたこと
で、一気に信頼感を得、以後ご喪家の方々は担当者を大変頼りにされたとのことです。
 担当者はご自宅でのご安置を出来るだけ長くし、その間にご近所の方には最後のお別れをしていただけるよ
うに助言をし、ご仏壇の購入に際しても市内の仏具屋さんに足を運び、推薦できる店を調べ、ご購入の際には
実物を良くご覧になって頂くよう忠告されたとの事。
早速「忠告に従って購入しました」とご相談者からご報告も届きました。

 会社の関係でご葬儀日程を最優先されたご相談者からは「希望日までに日にちが迫っており、式場・火葬場
とも塞がっている状態でしたので、他の葬儀社さんからはご希望の日はお取りできませんと却下されたが、ご
紹介頂いた葬儀社の担当者さんはどのようにすれば希望の日程で執り行うことが出来るかを第1に考えて奔走
してくれ、無事ご葬儀を終えることができました。常にご喪家の気持ちになって考え、行動してくれたおかげ
です」。

 「最初のコンタクトから葬儀までほとんど時間が無かったのに対して、とても的確に対応してくださり、安
心できました。担当者の方は知識や経験も豊かでこちらが迷うことなくその都度アドバイスもくださいまし
た。機会があれば、又お願いしたいと思っております」

 ご喪家の皆様のほっと安堵されたお顔が目に浮かびます。
 と同時に、担当者の方々の骨身を惜しまないお仕事ぶりに感謝いたします。
posted by あさがおスタッフ at 12:23| (松)